『VISA』情報誌 7月号 に「フラワーフレーム」&「ボタニカルレジン」が掲載されました

今回は初めましての作品である、「フラワーフレーム」と「ボタニカルレジン」の作品が『VISA』情報誌 7月号(VJAグループ 三井住友カード株式会社 様)に掲載されました。


表紙に載って喜びの舞を踊っています(笑)

私の作品は中央オレンジ色のフラワーフレーム、その左の青いお花のフレーム、左手前のお皿の上に載っているボタニカルレジンです。

(エキストラで右手前の道具も載せていただきました)



そして嬉しいことに、私の作品ちゃんたちと道具を目次のページにのせていただきまして、もう感激です!

ステイホームでも楽しめる特集です!

新たな世界の扉を開いちゃうかも?

こちらが作品と作り方のページです。


本来であれば、海外の美しい写真などが載る予定だったのが、このご時世で取材に行くことができなかったそうです…。


でも、だから!

国内にいても、ステイホームでも楽しめる情報を!ということで「気軽に始める プチ・クラフト生活のススメ」という特集を組まれたそうです。


フラワーフレームも、ボタニカルレジンも、本は出していませんが、前からご紹介したい作品でしたのでとてもうれしいです!


一部作品の写真をご紹介します:


デルフィニウムの押し花を基調とした、ガラスフレームに挟んだだけの作品。

押し花は電子レンジで60秒でできるんですよ!


お花が平らではなく、斜めに敷き詰められているのがお分かりになりますでしょうか?

なんだか平らに、そしてお花の高さも同じにの作品はつまらないなぁと思い、発泡スチロールをお花の下に敷いて角度をつけてみました。

そして、花器の底がかわいかったので、空白を作ってみました。


こちらのドライフラワーは、電子レンジで2分でできます。


個人的に好きな作品。

私の「ボタニカルレジン」の特徴は、型にはめない、レジンでぷっくりとした感じを出す、ソフトレジンを使うことにより、ぽっきりと折れないということです。


こちらは「花オレガノ」ですが、ちょっと苦労したポイントがございまして…。

きっとレジンをされるかたで苦労をしていると思うんですが、薄い花びらの上にレジンを塗ると…シミができてしまうんです。


あれやこれやと考え、実験をしてみて、一番うまくいったのは「レジンを塗る前に防水スプレーをスプレーする」のです。


それを乾かして(乾かしてもテカリが残るようでしたらティッシュペーパーで軽くふき取って)からすばやくレジンを塗るとうまくいきました。


と、私のページはこんな感じです。


ほかのクラフトは、オーブン陶芸、レザークラフト、ハーバリウム、アロマワックスサシェとありまして、おうち時間を楽しむのにピッタリで、見ているだけでワクワクします!


ご覧になれる機会がありましたら、ぜひお手に取ってみてください!


ライターの 小山恵里果 さま

フォトグラファーの 阿部良泰 さま


そのほかこのページに携わってくださった方々

大変お世話になりました。ありがとうございました。

とても楽しくお仕事させていただきました。


電子レンジでできる、簡単できれいな押し花や、ドライフラワーの作り方はこちらの本にも載せています!


株式会社ライフキッチン

こだわる人の手作りコスメ情報サイト

0コメント

  • 1000 / 1000