篠原 由子

記事一覧(39)

ペットと精油

リラックスしたい時、リフレッシュしたい時、風邪をひいた時など、私たちは思い思いのエッセンシャルオイルを使いますね。ディフィーザーで部屋の中いっぱいに香らせるのが一般的だと思います。では犬や猫にとっては「いい香り~」と楽しんでいるのでしょうか?実はペットにとって「避けたい精油」もあります。特に猫ちゃんは肝臓で解毒する機能が少ないので、気を付けたほうが良いでしょう。避けたい精油リスト:ウインターグリーンペパーミントスペアミントユーカリティーツリークローブシナモンバジルオレガノナツメグカッシアジュニパー(ジュニパーベリーはOK)パインバーチスプルースサイプレスタイムタンジーカレンデュラペニーロイヤルタイムヤロウマートルシトラス(オレンジ・レモン・ライム・グレープフルーツ)シトロネライランイラン兆候としては以下のようなことが挙げられます:よだれを垂らす吐き気震えふらつき呼吸困難心拍数の低下低血圧肝不全ペットに避けたい精油を調べると、ドクターにより違うことを言っていたり、まだなかなか確立されていないのかなと思います。でも、あとで後悔するよりは、避けておくのがいいと思います。私的には、ペパーミントやシトラス系が良くないというのがショックでした…だって虫よけスプレー作るときに使いますから。ちなみに我が家にはうさぎがいますので、うさぎさんに安全な精油、安全ではない精油もあげておきます。安全:ラベンダー、レモン、オレンジ、フェンネル、ペパーミント、ユーカリ避ける:アニス、クローブ、オレガノ、ティーツリー、ウィンターグリーン一緒に生活しているのだから、お互いに心地の良いアロマ生活をしたいですね!